結婚を後悔するほど旦那嫌いになった理由は?結婚後の性格の変化?

結婚を後悔するほど旦那嫌いになった理由は?結婚後の性格の変化?

「なんで結婚しちゃったんだろう」と、結婚を後悔したことありませんか? 旦那嫌いの理由には「性格が合わない」他、性格が悪い、不細工、デブ、臭い、不潔、嘘つき、偉そう、短気、亭主関白、出不精…などがあるようです。 性格も見た目も、一度嫌いになると嫌悪感が増す一方ですよね。 私もそんな一人。私が夫嫌いになったのはこんな理由でした。

旦那が嫌いな理由?新婚早々ゲームで会話なしと思ったら浮気だった

旦那が嫌いな理由?新婚早々ゲームで会話なしと思ったら浮気だった

新婚なのに旦那のことが嫌いになるなんて悲しいですよね。 私もそうでした。 いつまでも仲良し夫婦でいたかったのに、新婚早々態度が変わった夫に幻滅…。 中には、早くも離婚を考えている人もいるかもしれませんね。 でもちょっと待って‼世の中にはまだまだ腐った旦那がいます‼ ということで、私の腐れ夫を紹介します(;´∀`)

養育費を払わない元夫父親の理由と請求しない元妻母親の事情は?

養育費を払わない元夫父親の理由と請求しない元妻母親の事情は?

「離婚したら養育費をもらえる」というのは常識的なようで、現実は、母子家庭への養育費の支払い率は全体の2割です。 つまり、離婚した10組の子あり夫婦のうち、養育費が支払われているのは2組で、残り…というか、離婚した夫婦のほとんどである8組は養育費をもらえていないのが現状です。 子供の父親である元夫が養育費を払わない理由は何なのでしょうか? 実は、支払い率が2割にとどまる理由には、父親側にだけ責任があるわけではなく、養育費を請求できない妻の事情もある様です。

母子家庭がもらう養育費相場と期間の実際は?もらっている人の特徴は?

母子家庭がもらう養育費相場と期間の実際は?もらっている人の特徴は?

離婚時に養育費の金額を決める際、「養育費算定表」を参考に話し合いをする夫婦が多いと思います。 2017年には、これまでの養育費算定表の金額よりも増額された「新算定表」も日弁連から出されていますよね。 ただ、離婚後の母子家庭が実際に養育費をもらっている割合は2割といわれています。 せっかく話し合って決めた養育費も、払ってもらえなければ意味がありません。 養育費をもらえている約2割のシングルマザーの特徴を探ってみました。