旦那が嫌いで離婚したい! 離婚決断した理由は子供への影響と?

旦那が嫌いすぎて、離婚を考えてしまうことってありますよね。

私も旦那のことが大嫌いで散々悩みました。我慢も努力も激突もたくさんしました…。

ですがある時、離婚を決意‼スッパリ心を決めて離婚しました(;´∀`)

決断のポイントになったのは、旦那の嫌いな部分の中でも「許せない部分」。

離婚するか悩んでいる方へ、一例として、私が離婚決断するまでの状況と理由を紹介します。

スポンサードリンク

旦那が嫌いだけど離婚しないでいた理由は?

結婚してすぐの旦那の浮気発覚や態度の変化など、新婚早々色んな問題があって離婚した私ですが、嫌いになってすぐに離婚したわけではありません。

離婚しないで踏みとどまっていたのにはこんな理由(考え)があったからです。

離婚して後悔したくないから

離婚した後に「あの時〇〇していれば、離婚することはなかったのかな…」なんて後悔するのは嫌でした。

そのため、やれることはやっておこうと、旦那との関係改善につながりそうなことを色々と試してみました。

たとえば、旦那に感謝の言葉を多く伝えたり、家事を頑張ったり、旦那の友達や家族とも仲良くしたり…。

結局は、何をやっても旦那には響かなかったけど、おかげ様で離婚後に後悔したことは1度もありません。

子供のために離婚しない

「子供のため」というと、「離婚で子供に悲しい思いをさせてしまわないように」と考える人が多いと思います。

私ももちろんそうですが、私の場合はその前に子供が欲しかったから(子供を授かるために)、浮気されても、ひどい扱いされても離婚せず踏みとどまりました。

そして子供を授かってからは、子供のためにずっと家族でいられるよう努力してきました。(あとあと考えは変わりましたが…)

新婚早々からトラブル続き。離婚決断するまでには色々ありました…

⇒ 新婚早々ゲーム依存で会話なしと思ったらまさかの浮気

⇒ 結婚を後悔するほど旦那嫌いになった理由は?

離婚を決断した理由は?

離婚しないように努力を続けてきたものの、結婚生活を諦めて離婚を決断しました。

離婚を決断するに至った理由はというと…

子供への影響

離婚が子供に与える影響は大きいですが、私には、ゆがんだ家庭環境の影響の方が心配でした。

会話がない、笑顔がない、父親が母親に辛く当たるような家庭では、子供はどうなってしまうのか…。

反面教師にしてしっかりと育ってくれるケースもありますが、うちの場合は、夫の妻(私)に対する暴言が義父の言動とまるでそっくりだったため、無理して夫婦を続けても返って悪影響だと思えました。

家庭環境が与える子供への影響についてはこちらも

⇒ モラハラ夫の性格は直らない?子供への影響や対処方法は?

⇒ 会話なし家庭内別居が子供に与える影響は?

旦那が原因で体調悪化…

旦那が嫌いで、怖くて、姿を見ると具合が悪くなるようになりました。

旦那が自室から出てきた時、仕事から帰ってきた時、心臓がズキンと痛くなりバクバクバクバク…と動悸がしたり、喉に何か詰まっているような異物感を感じるように。

食欲もなくなり、不健康にやつれていく状態で、本当に何かの病気になってしまいそうで、これ以上は一緒にいれないと思いました。

旦那が原因で起こる症状は、「夫源病」というものだったのかもしれません。

夫源病についてはこちら

⇒ 旦那といると動悸息切れがするのは夫源病?

⇒ 夫源病で離婚の危機…妻を追い込む夫の言動とは?

改善見込みなし

結婚から離婚までの間に何度も「別居⇔同居」を繰り返しました。

旦那から家を追い出されたり、旦那の暴言がひどくて耐えきれず家を出たり…。

戻ってきて欲しい時には、「俺が悪かった。家事育児もちゃんとするから戻ってきて」と反省するのに、同居生活に戻ると3日で家事育児の約束は忘れ、1週間もするとモラハラ自己中夫が完全復活。

同居期間より別居期間の方が長いんじゃないかと思えるくらい何度も繰り返し、「改善修復見込みなし」と諦めました。

離婚を決意させた旦那の許せない言動

離婚を決断した理由は「子供への影響」「体調悪化」「改善見込みなし」でしたが、これには旦那の許せない言動が原因としてありました。

家事育児を手伝わないとか、嫌味や小言を言ってきたり、浮気したり…旦那の嫌いなところはたくさんありましたが、その中でも「離婚決意の決定打」になった内容はこちら。

妻の親兄弟の悪口

旦那は、妻である私の両親や兄弟の悪口を毎日のように言ってきました。

使えない、人生楽しくなさそう、生きてる意味ない、クソみたいなやつ、自由がなくて可哀そう…などなど。

最初は冷やかし程度だったのが段々とエスカレートしていき、「そんなこと言って欲しくない」と注意すると「本当のこと言って何が悪いの?」と返される。

「冗談」や「幼稚な人」だと思って聞き流せば良いのかもしれませんが、毎日言われると冗談とは思えなくなり私には許せませんでした。

妻の存在を全否定

「○○の顔見るとぶん殴りたくなる」「〇〇と話してもおもしろくない」「会話したいって言うけど話したいことがあるなら自分から話せば。俺は話すことないから」などなど…。

拒絶されるようなことをたくさん言われてきました。

食事中はずっとスマホやテレビを見ていて、私との会話拒否はもちろん、子供にも目をやらない。

そんな中、スマホを見ながら「ププッ…マジ面白れぇ」なんて言いながら1人で笑っているのを見て悟りました。

「この人には家族は必要ないんだな」もしくは「家族感が違うんだな」と。

夫からの暴言や冷たい態度に悩んでいませんか?

⇒ モラハラ夫の言葉はどういうもの?旦那のリアルな発言集

⇒ モラハラ夫の行動や態度とは?無視やため息も該当するの?

子供を見捨てる発言

夫婦仲が完全悪化して、離婚話も出るようになった頃とはいえ、タブー発言がありました。

「〇〇のことも子供のこともどうでもいい。俺は自分の好きなことがしたいから早く離婚して」「母子家庭って惨めな生活だよ。子供と2人でせいぜい頑張って(笑)」

売り言葉に買い言葉だったとしても、口にしてはいけない言葉です。

子供を見捨てる発言をした旦那の責任感のなさに「終わってるなこの人」と思いました。

さいごに

いくら旦那のことが嫌いで、夫婦仲が上手くいっていないにしても、本当に離婚してしまってもいいものなのか…すごく悩みますよね。

いっそのこと誰かに決めてもらいたいと思えてくるほど私も悩みました(;´Д`)

でも、夫婦の間のことって他人にはなかなか理解されないことが多いものです。

「そんなことで離婚を考えてるの?」なんて思われてしまうこともありがち。

でもこのギャップって、極端な例で言うと、「日常が感謝や愛情で満たされている人にとっての嫌なこと1回」と「暴言やストレスで溺れそうな中での嫌なこと1回」の重さの感じ方の違いなのかなと思います。

反対に、自分より幸せそうな人がグチる「離婚したい理由」が、実際に離婚した自分にとっては「たったそんなことで?」と思えることもあったりしますしね(;´∀`)

もしかすると、周囲に相談した結果、共感を得られずに「自分がおかしいのか」と悩んでいる人もいるかもしれませんが、夫婦のことは他人には理解されないものなのであまり気にしないようにして欲しいと思います。

理解者がいてもいなくても、離婚を決断するのは自分です。

もし、本気で離婚を考えてしまうけど決断する勇気がなく、誰にも相談できず辛い日々が続いている…そんな状況の方がいたら、この本を読んでみてください。

野原広子さんの「離婚してもいいですか?」

旦那さんに不満を持ったママの日常を描いたマンガなんですけど、離婚を考えている人や離婚経験者から「あるあるー!」「分かるー!」と共感を得ている本なんです。

誰にも相談できずに悶々としている気持ちがちょっとスッとすると思いますよ。

一部立ち読みもできるのでチラ見してみてください(笑)

↓ ↓
今なら会員登録割引で安く購入できますよ(/・ω・)/

⇒ イーブックジャパン

⇒ 【DMM.com 電子書籍】

どちらも電子書籍なので、本を旦那や家族に見つかって気まずい思いをする心配も無用です♪


スポンサードリンク