【アンケート】旦那の浮気発覚経緯やその後の離婚率は?離婚して後悔してる?

旦那さんの浮気発覚後、修復するべきか離婚するべきか悩みますよね。

修復したいけど夫のことが信用できなくなってしまったり、離婚したいけれど子供や生活のことが心配だったり…、簡単に決められる問題ではありません。

そこで、夫の浮気を経験された女性たちにアンケートを実施してみました。

浮気発覚の経緯や離婚率、離婚して後悔しているかなど、今後の決断の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

旦那の浮気発覚後、どうするかを決めるのは自分

夫の浮気を周囲に相談した際、「私だったら離婚する!」と言われることもあれば、「浮気くらいで離婚していたらキリがないよ」と言われることもあるかと思います。

なぜなら、夫の浮気への許容度や夫婦についての価値観は人それぞれですから。

それに、人の相談に乗るのと自分が当事者になるのとではわけも違うため、残念ながらあまり参考にできないものです…。

そこで、2018年10月、夫の浮気を実際に経験された女性150名に対して、発覚した経緯やその後の決断、現状についてのアンケート調査を実施してみました。

結局は、自分たち夫婦や家族の問題、自分の人生の問題ですので、自分で決めるしかありませんが、今後の参考になれば幸いです。

夫の浮気経験者にとったアンケート調査結果

Q. 旦那の浮気が発覚した経緯は?

夫の浮気を発見した方法として最も多かったのは「夫の携帯やスマホから」で、半数以上を占めていました。

写真やメール、LINE、SNSなど、スマホは証拠の宝庫ですよね…。

その他、浮気相手から連絡があったり、浮気相手の配偶者から連絡があって発覚したケースは、かなりの修羅場が想像されます。

Q. 浮気発覚時のあなたの年齢は?

浮気発覚した当時の年齢で多いのは、20代と30代でした。

妊活~妊娠中、子育て真っ盛りの時に夫に浮気されると、女性としての喪失感がとても大きいと思います。

Q. 旦那さんの浮気発覚後、どうしましたか?

夫の浮気が発覚後、「離婚していない」人の方が67%と多いです。

ただ、約三分の一は「離婚」しており、離婚率33%とは意外と高いですね。

Q. 上記の選択に、後悔はしていませんか?

離婚するか、離婚しないかの決断に後悔はないか聞いてみたところ、13%の人が「後悔している」との回答でした。

これは離婚したことに後悔しているのか、離婚しなかったことに後悔しているのか…「後悔の内容」が気になりますよね。

もう少しデータを詳しく見てみたところ…

「後悔している」と回答した人は19名。

後悔の元となりそうな「離婚したかどうか」の内訳は、「離婚した」1名、「離婚していない」18名でした。

つまり…

・離婚したことに後悔している・・・1名

・離婚しなかったことに後悔している・・・18名

と考えられます。

「浮気性はなおらない」「一度失った信用は取り返せない」という言葉もあるため、もしかするとその後も苦労されることとなったのかもしれません。

Q. 浮気発覚時、子供はいましたか?

夫の浮気が発覚した当時、子供がいた人(妊娠中も含む)が61%。

子供がいるのに浮気されるのは辛かったことと思います。

一方で、今から子供を授かろうと望んでいた人にとっても、かなりショックなことだったと思います。

私が夫に浮気をされたのも、子供を望んでいたもののまだ授かっていない時でした。

子供が欲しいと言いながら、他の女性と浮気していた夫…。

夫に対する嫌悪感と信頼喪失、女性としての自信喪失、「子供がいないから離婚してやり直せばいいじゃない」と言われても年齢的にそう簡単にはいけない…。

子供を授かった後に、結局離婚しましたが、あの時のことは今思い出しても辛いし腹立たしいです。

アンケートに寄せられた浮気経験者からの感想

●20代 離婚していない/後悔していない

すぐに離婚しなかったことに対して後悔はしていないですが、今なお離婚か再構築か検討中なのでのちのちは離婚するかもしれません。離婚はすぐに出来るのでゆっくり時間をかけて考えます。

●30代 離婚していない/後悔していない

当時、妊娠中で体の関係があまり積極的に持てなかったことが最大の原因かもしれませんが、携帯は見るものではないなと言うのが一番の感想です。

●30代 離婚していない/後悔していない

相手の携帯を見ることは、自分が一番傷つくことなので見たくても見てはいけない。確信に変わってしまう事は、しては行けないことを学びました。

●20代 離婚した/後悔していない

自分ではまったく浮気されていた事に気づかなかった事が情けなかった。

●30代 離婚していない/後悔していない

思い出すと今だに腹が立ちます。

●50代以上 離婚した/後悔していない

私の夫は、30も歳下のデリ○ル嬢でした。店をやめる資金、家賃、競馬、パチンコ、入り浸っていたホテル代全て含め500万を使い込んだ挙句、ラインを誤送信してきてバレました。
浮気相手もクズですが、お金で買っていることにも、いいように利用されていることにも気付けないアホ男でした。父にもなれず、夫の振りもできない60歳のオッさんは、女を本気で追いかけ回していた結果、息子は大学に行けなくなりました。

●30代 離婚していない/後悔していない

ちょうど、離婚を考えていた頃だったので、自分に有利に離婚交渉ができるといろいろ考えましたが、とても傷心して謝ってきたので、ずっと隠れて喫煙していたことを話しお互いの罪を精算しました。このおかげて彼はとても私を大切にしてくれるようになりました。そのあとの嫁姑のことで夫は好きだけど家にいることが無理だから離婚をしてほしいと頼んだときも、私の事を第一に考えてくれて、支えてくれました。今でも、あの時の浮気のおかげで今の幸せがあると思っています。

●30代 離婚していない/後悔していない

許してませんが離婚もしませんでした。

●20代以上 離婚した/後悔していない

父と、意を決し浮気現場に入りました。まだ私の家なのにも関わらずそこには布団がひいてあり、しかも女は夫のジャージを履いておりいやらしさ満点でした。焦った女は私の前でジャージを脱ぎ自分の服に着替え始めたりと唖然でした。

●20代 離婚していない/後悔していない

もう何十年も前のことではあるけれど、いまだに許せない!

●20代 離婚した/後悔していない

男の人はバレても、自分に都合のいいようにしか言わないと思います。何度でもすると思う。

●30代 離婚した/後悔していない

浮気された当時は、怒りと憎しみでいっぱいでしたが、離婚して、冷静に考えた時に思った事ですが、相手に浮気されるということは、自分に足りないものがあり、自分にないものを他の女性に求めたんだろうなぁ??と思い今では、反省しています(笑)

●20代 離婚していない/後悔していない

私が妊娠中で、夫婦生活がもてなかったからつい下心で…という理由だったから許したが、今もたまに思い出すと不安にはなります。

●30代 離婚した/後悔していない

浮気相手が私の友人だったので、離婚と同時に友人も失いました。

●30代 離婚した/後悔していない

浮気をする人は必ず次もするというのがわたしの持論なので「もうしない」というのは信じません。

●30代 離婚していない/後悔していない

後悔していないと答えましたが、離婚を選ばなかったのは子どもの為で、一生忘れないと思うし一生許せません。いつか後悔するときが来るかもしれません。

●20代 離婚した/後悔していない

相手の女性も結婚して子どもがいました。私が母と祖母と旅行へ出かけている間に、彼女が子どもを連れて家に泊まりに来ていました。出張と言って、ディズニーランドデートもしていました。
決定的証拠を突き付けて離婚の話を出した時、『私とも別れたくないし、彼女とも別れたくない。できればこの関係を続けたい。』と言われました。当時は25歳で迷ったけど、離婚して正解でした。夫と彼女から慰謝料を頂き、別れました。

●20代 離婚していない/後悔している

今思い出しても腹立たしいし、ふてぶてしく生活している旦那に嫌気はします。

●20代 離婚していない/後悔していない

子供が小さい頃の出来事でした。確実な証拠があるにもかかわらず、浮気していないと言い張っていました。だんだん、馬鹿らしいと思い自分の中でなかった事にしてしまいました。その後は、浮気はしていないと思います。

●30代 離婚していない/後悔していない

1回の浮気で離婚しなくて良かったと思っている。

●40代 離婚していない/後悔している

今も家庭内別居状態。

●30代 離婚していない/後悔していない

旦那が忘れて行った携帯を見たら、浮気相手と海外旅行に行くんだと分かりました。決定的な証拠を見つけるまで旦那には言わず、3カ月見続けました。全て写真も撮り、メールの会話も並べてチェック。

シンガポールは半袖で良いのか?長袖も必要かな?などから始まり、最終的には、「貴重な体験をさせてもらいました。ありがとう。ウンヌンかんぬん、後、2人だと何処に行っても楽しいね。これからも好きと言ってもらえるように努力するね」とありました。

メールの写真を並べて主人に見た事を告白。修羅場でしたー!!

さいごに

旦那の浮気が発覚して、これからどうするべきなのか…。

こんなことを考えなければいけない日が来るなんて、思ってもみなかったと思います。

今はとてもつらい状況ですが、いつかは、浮気経験者たちが語ったような「過去の話」になります。

浮気夫に対する恨み辛み悲しみは、離婚しても離婚しなくても消えませんが、後悔がない選択をされるよう願っています!


スポンサードリンク