親の離婚が遺伝する確率は?浮気症は遺伝子で決まってる?

「親が離婚していると子供も離婚しやすい」

なんて聞いたことがあるかもしれませんが、実際はどうなんでしょうか?

実は、離婚のしやすさは遺伝子で分かるんです。ちなみに浮気性まで…(゚Д゚;)

遺伝子の問題となるとちょっと怖い話ですが、海外では離婚遺伝子の研究が進められているようですよ。

スポンサーリンク

親の離婚が遺伝する確率は?

親が離婚していると子供も離婚しやすいというのは、生活環境などの影響が考えられますが、実は遺伝子が絡んでいるようですよ。

離婚のしやすさが分かる離婚遺伝子

離婚のしやすさを判断できるのが、「AVPR1A」と呼ばれる遺伝子です。

海外の研究によると、この遺伝子にある変異を持つ男性は、家庭生活で問題を抱えていたり、離婚する確率が高いという結果が出たそうです。

つまり、家庭環境に問題がある人は離婚しやすいということ。

家庭環境の問題といえば、夫婦不仲や虐待、DV、アルコール依存症など色々ありますが、「親の離婚」もその一つに含まれるでしょう。

遺伝子コントロールで浮気や離婚が減る?

離婚遺伝子AVPR1Aに影響を与えるバソプレシン受容体の量を操作することで、浮気性を改善することができるかもしれないそうです。

ハタネズミでの実験ですが、一夫一婦思考やオスが子育てに協力的であるかどうかをコントロールすることができたという結果報告があげられています。

「同様の関連が人間にもある可能性があることを示唆する」との見解も研究機関から出されているので、今後の進展が楽しみですね。

男性みんなが浮気せず、育メンパパになってくれれば離婚率も下がるのに…(; ・`д・´)

旦那の浮気や育児非協力は離婚原因に…

⇒ 夫の携帯に届いたLINEで不倫発覚。結婚してすぐ離婚!?

⇒ ワンオペ育児で離婚の危機!ママの家事労働はブラック企業並み

離婚遺伝子の治療法は?

残念ながら、現在のところ、人間への実用化はされていませんので、離婚遺伝子の治療方法はありません。

…が!!自分でできる対処法があります。

それは、セックスレスを解消することだそうです。

離婚遺伝子に影響を与えるバソプレシンは、運動をすることで増やすことができます。

特に、性行為の際に多く分泌されるので、セックスレスであればそれを解消することで良い変化が期待できますよ。

女性も離婚遺伝子で判断できる?

女性は、この遺伝子で離婚しやすいかどうかを判別することはできないそうです。

というのも、男性は異性と出会うと、相手の見た目や態度に関する情報を脳に伝達し、「好ましい」と思うとバソプレシンが分泌されるそうです。

一方、女性はオキシトシンと呼ばれる別のホルモンが分泌されます。

そのため、女性についてはバソプレシンで測定することができないし、現在のところそれに代わる判別材料もないとのことです。

スポンサーリンク

離婚率を下げるための方法は?

当たるも八卦当たらぬも八卦…ですが、離婚を回避するには、こんな方法もありますよ。

野菜嫌いは喧嘩のもと!?

「野菜嫌いで肉好きな人」は、男性ホルモンが多いため、攻撃的で喧嘩しやすいそうです。

さらに女性も肉好きとなると、お互い闘争本能が強くなり、激しい夫婦喧嘩になりやすいそうなので、ケンカや離婚を避けるには野菜をしっかりとるようにするのが良いですよ。

ちなみに、うちの旦那の場合、野菜好き&魚好きだけど、ものすごく短気で物言いが悪く、喧嘩っ早いです…。

若い頃は野菜をあまり食べず、肉好きだったらしいので、若い頃の食の好みを確認した方が良いかもしれません(-_-;)

臭いが好みの人を探そう

こちらは聞いたことがある人もいると思いますが、相手のにおいに違和感を感じる場合は、「遺伝的に相性が悪い」ということで離婚しやすいそうですよ。

逆に、相手のにおいに違和感を感じない場合は、遺伝的に合っている証拠だそうです。

体臭、汗をかいた時の臭い、枕の臭いなどが嫌いじゃない人を選びましょう。

食に関心がない人はセックスレスになりやすい!?

心理学者のヤッフェによると、「男性の食事の特徴と性欲には関係性がある」とのこと。

せかせかと食べて食事に無関心な男性は、セックスレスになりやすいそうです。

逆に、食事を楽しむ男性は、性への関心が高いそう。

あまり重要視していない人もいるかもしれませんが、セックスレスは離婚原因にもなり得る重大な問題です。

「食事はお腹が満たされさえすればいい」なんていう人より、食事を楽しむことができる人の方が一緒にいて幸福を味わいやすいですよ。

実際はみんなはどんな理由で離婚してる?

⇒ 離婚原因ランキングで一番多い理由は?

⇒ 離婚理由1位【性格の不一致】はどんな時に感じる?

 さいごに

相手が浮気をしないか、育児に協力的か、結婚前に調べてみたいですか?

多くの人は、「そこまでしなくてもいい」と思うかもしれませんね。

私も結婚前はそんな考えでしたが、今は全力で「調べておきたい」派です。

調べた結果、結婚をやめないにしても、「そういう性質の人だ」と心得ておくだけでも気持ちの持ちようが全然違うし、データ的にそういう結果が出ているとなると周囲からの理解も得やすいかなと。

今はまだ研究段階なので、タラレバな話ですけどね…(*´з`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする