不倫と浮気の違いは?「され妻」の特徴に該当したら要注意!

不倫と浮気の違いって、なんとなく思うところはあるけれど、みなさんはどう使い分けていますか?

明確な基準はあるのでしょうか?

旦那に「不倫してるでしょ!」と追及したら、「不倫はしてない!浮気だ!」なんて切り返された人もいるようです…。想像するだけで、腹立たしいですね。

そして、既婚者と知っていて関係を持つ相手にも、腹が立ちます。

けど、不倫している人って、案外身近にいたりするものです。それも一人や二人ではなく、結構な割合で。

不倫する人はどこで相手を見つけているのか?

自分の夫にそんな火の粉がかからないように、とれる対策を早めにとっておきましょう。

スポンサードリンク

不倫と浮気の違い

young-couple-1031642_960_720

旦那や夫の浮気や不倫をチェックする方法は?携帯があやしい?

旦那の浮気・不倫発覚!証拠集め~これって違法?

旦那の浮気や不倫を許せる?風俗や一回限りは不貞行為になる?

浮気も不倫も、「交際相手がいながら他の相手と関係を持ってしまうこと」を言います。

まず、言葉の由来から見ると…

不倫の「倫」は、倫理の「倫」と同じで「人の守るべき道」という意味があるため、不倫は「道徳にはずれること。特に、男女関係で人の道に背くこと。また、そのさま」となります。

一方の浮気は、「心が浮ついて移りやすいこと」の意味で、「行為」よりも「気持ちの動き」に着目され、婚姻の有無や肉体関係の有無などは重視されず、気持ちが一瞬他へ移っただけでも使われます。

「どこからが浮気か」というのは、人それぞれ判断基準が異なるため、カップルにおいてよく問題になる点です。

たとえば、「異性と二人で遊びに行ったら浮気」「異性とキスをしたら浮気」というのがあれば、「キスまではセーフ」なんていう基準もあったり、人によってバラバラです。

そして、実際に、私たちが普段何となく使い分けている基準を見直してみると…

不倫はどちらか一方、または双方が結婚している場合にのみ使い、浮気は婚姻の有無は問わずに使う。

不倫は肉体関係がある場合に使い、浮気は肉体関係がなくても使う。

不倫は継続的な関係のみ使い、浮気は一時的な関係であっても使う。

など、不倫は限定的な条件下で使われていることが分かります。

民法では「不貞行為」

ちなみに、民法上では不倫や浮気といった言葉はなく「不貞行為」と言います。

不貞行為=「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」

そもそも夫婦はお互いに「配偶者以外とは性的関係を持ってはならない。それぞれが純潔を守らなくてはならない」という貞操義務を負っています。

そのため、この義務に反して、配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合、「不貞行為」を理由に旦那さんに対して離婚の請求をすることができます。

不倫をするきっかけ

不倫のきっかけは、日常生活の至るところに点在しています。

・職場での残業や飲み会

・同窓会

・元恋人とのやりとりで再燃焼

・SNS上でのやりとりから

・ゲーム上でのやりとりから…など

なかには、保育園の送り迎えでいつも顔を合わせるパパ・ママから発展するケースもあるようです。

つまりは、男女が一緒になる場ならどこでも、不倫のきっかけの場となり得るということかもしれません。

それに、「人の守るべき道」を歩めない人がいる限り、不倫はこの世からなくならないということでしょう。

狙って不倫に走る人もいれば、いけないと思いつつ不倫に陥ってしまう人もいるし、自分の旦那さんがそういう人間でないことを祈るのみです。

「され妻」の特徴

1.会話がない

会話がない理由はなんですか?

夫婦共働きでお互いに忙しくて生活がバラバラ?それとも、話す内容がない?話す必要がない?話したくない?

会話がなくなると、心は離れていく一方です。もし、今、旦那さんの近くに話が合う女性が現れたら一瞬で心惹かれてしまうのではないでしょうか。

そうなったとしても、会話がないため相手の異変に気づくことさえできません。

最低でも週1回くらいは夫婦で話ができる時間をとれるように、まずは気持ちを伝えてみましょう。

2.セックスレス

どちらかが拒否している、お互い拒否している、どちらも興味がない…など状況は様々だと思いますが、旦那さんからの求めを拒否している場合は要注意です。

最近は、不倫相手や愛人を見つける出会い系サイトもかなり充実しています。

既婚者であることを隠さずに、都合の良い相手を見つけることができるのです。とっても楽なシステムですよね…。

また、夫婦生活を持つことは夫婦関係に必要な要素とされているため、「正当な理由なく」拒み続けていると、「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するとして相手に離婚を突き付けられる可能性もあります。

「正当な理由なく拒み続けている」と言われないよう、正当な理由を見つけるか、たまには応じるようにしましょう。拒みたくなる原因を排除できるのが一番ですが。

3.美を追求しすぎている

今週の「ホンマでっかTV」で、法律評論家の堀井亜生さんが「浮気されたと相談に来る人は、すごくスタイルが良く美人が多い」と言っていました。

生活ぶりを聞くと、食事を制限し、夫や子供にも強要している。

夫に話を聞くと、浮気をする原因はたくさんあるが、窮屈な生活で、家に居場所がなくなり、浮気に走りやすい。家は居心地が良くて楽ちんな方が良い。妻がキレイでいてほしいとは思うが、キレイにし過ぎていなくても一緒にいて楽しければ良かったりする…とのことでした。

キレイでいることはいいことだけど、「居心地がいい家」でなくなっては本末転倒になるらしい。

まとめ

child-1099770__180

不倫する女性の特徴と男性が求める不倫相手とは?

離婚慰謝料はどんな時に請求できる?性格の不一致やセックスレスは?

乙武洋匡の離婚慰謝料の金額は?夫婦の関係は破綻していたのか?

1.不倫は、どちらか一方または双方が既婚者の場合で、肉体関係を持つ関係を言う。浮気は、結婚の有無は問わず、肉体関係の有無も問わない。

民法上では、既婚者が配偶者以外と肉体関係を持つことを「不貞行為」という。夫婦はお互いに貞操義務を持つため、不貞行為をされた場合は貞操義務を違反したということで離婚を請求できる。

2.不倫のきっかけは、職場や同窓会、SNS上など、男女が一緒になる場ならどこでもなりうる。あとは道徳心があるかどうか次第。

3.浮気をされやすい妻は、家で夫に窮屈な思いをさせている妻が多い。不倫や浮気をされないためには、夫が「家にいたい」「家に帰りたい」と思える雰囲気を提供することが大切。

不倫をしている人、したいと思っている人に喝!

「妻と別れるつもりはないし、バレなければ大丈夫」なんて甘いこと考えていませんか?

もしバレてしまったら、妻も子供も失ってしまうことになるかもしれませんよ。

だって、もしあなたの妻が不倫や浮気をしていたとしたら、どう思いますか?辛いし、悲しい。そして…嫌悪感がわきませんか?

不倫をするのであれば、覚悟をもってしてください。そして、バレた時には抵抗せずに素直に認めてくださいね!


スポンサードリンク