「 面会交流 」カテゴリー

離婚後の面会交流の条件 子供の学校行事参加は面会交流になる?

離婚後の面会交流の条件 子供の学校行事参加は面会交流になる?

面会交流を月に一回と決めたものの、入学式や卒業式、運動会などの学校行事に参加する場合は面会交流実施としてカウントされるのでしょうか? あまり会わせたくないと思っている私としては、「すでに面会交流をしたのであれば学校行事参加は見送り」「学校行事に参加したいのならば、通常の面会交流はなし」にできればよいのになぁ…なんて思ってしまいます(;´∀`) 面会交流の条件ルール作りやトラブルのない面会交流実施に向けて、私の邪念がヒントになればなと思います。

離婚後、入学式卒業式など子供の学校行事への元夫父親参加はどうする?

離婚後、入学式卒業式など子供の学校行事への元夫父親参加はどうする?

子供の学校行事といえば、入学式や卒業式(入園式、卒園式)、運動会、授業参観などと色々ありますよね。 そんな学校行事への参加を元夫から希望されたらどう思いますか? 絶対に許せない。来て欲しくないけど子供のためを思うと…。 など、複雑な思いになるかもしれませんね。私もそうです。 実際に、離婚した後の父母がどのように対応しているのか、紹介したいと思います。

面会交流を拒否したい人は要注意!拒否すると罰金慰謝料がかかる?

面会交流を拒否したい人は要注意!拒否すると罰金慰謝料がかかる?

「子供を父親(元旦那)に会わせたくない」 離婚原因や子供の年齢などによっては、離婚後の面会交流を拒否したいと思っている人は多いのではないでしょうか。 私もそうでした(;´∀`) ですが、面会交流を拒否すると罰金や慰謝料などを請求されてしまう可能性があります。 特に、家庭裁判所の調停や審判で面会交流の取り決めをしていた場合は要注意。 面会交流拒否のデメリットを確認しておきましょう。

面会交流を子供が嫌がる場合は拒否できる?取るべき対処法は?

面会交流を子供が嫌がる場合は拒否できる?取るべき対処法は?

子供が「面会交流に行きたくない」と言った場合は中止にしてもよいのでしょうか? 無理して会わせるのは子供のために良くないですよね。 それなのに、面会拒否をしていたら相手から訴えられた…! なんていうケースもあるようです。 今回は、子供が面会交流を嫌がる場合の対処法について確認をしてみましょう。

面会交流を拒否できる条件や方法は?子供の福祉とは?

面会交流を拒否できる条件や方法は?子供の福祉とは?

面会交流を拒否することはできるのでしょうか? さんざんな目にあって離婚した場合などは、このまま縁を切りたいものですよね…。 そんな方に朗報!? 面会交流は事情によっては拒否や制限をすることができます。 早速、その条件や方法についてみていきましょう。

面会交流を拒否したいと思うトラブル例!対処法や最低限のルールは?

面会交流を拒否したいと思うトラブル例!対処法や最低限のルールは?

「もう会わせられない!」 離婚後に面会交流を行ってきたものの、相手のある行動に、面会交流を拒否したくなることはあるものです。 こんな時どうすればいいのでしょうか? できれば、取り返しのつかないことになる前に、備えておきたいですよね。 トラブルへの対処法や面会交流時に最低限守るべきルールについて確認しておきましょう。

離婚後の面会交流の条件の決め方は?頻度や時間、場所のおすすめは?

離婚後の面会交流の条件の決め方は?頻度や時間、場所のおすすめは?

離婚後の面会交流の条件は決まりましたか? 頻度や時間、場所などが主な決めごとになりますが、何をどこまで決めたら良いのか悩んでしまいますよね。 良かれと思って事細かく決めすぎたり、決め方を間違えると後々面倒くさいことにもなりかねません…。 後々後悔しないように、条件や内容について確認しておきましょう。

離婚後の面会交流で祖父母に会わせたくない場合は拒否できる?

離婚後の面会交流で祖父母に会わせたくない場合は拒否できる?

離婚後、父親である元夫には面会交流をする権利があります。 では、元夫の両親、つまり子供にとっての祖父母はどうなのでしょうか? 離婚原因の一端が祖父母にあった場合、子供に会わせたくないですよね…。 それでも会わせなければいけないのか? 会わせないで済む方法はあるのでしょうか?

離婚調停で決まった面会交流の頻度や条件は?月1回は少ない?

離婚調停で決まった面会交流の頻度や条件は?月1回は少ない?

離婚調停で争点の一つとなるのが、面会交流についての取り決めです。 「会いたい」「会わせたくない」と意見が分かれることで揉めるケースが多く、頻度や条件面も揉める要素になります。 私も「できることなら会わせたくない」という思いが強くありました…。 今回は、私の離婚調停で決まった面会交流の頻度や条件について話をしてみたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク