妊娠中に旦那が浮気…原因は?浮気される前に予防策をとろう!

子供を授かることは、夫婦にとってこのうえない喜びのはずなのに、多いらしいんですよね…。

「妊娠中の旦那の浮気」

あんなに妊娠を喜んでくれていたのに…。

なぜ幸せの絶頂期に、夫は浮気に走ってしまうのでしょうか?

やっぱり、妊娠中は夫婦関係を持てないから?

でも、妊娠しているんだから、そこは理解して耐えて欲しいですよね。

あなたの旦那さんは大丈夫ですか?

スポンサーリンク

なぜ妻の妊娠中に浮気をするのか?

夫が妻の妊娠中に浮気をする理由やきっかけは何なんでしょうか?

1.妻にないがしろにされた

妊娠すると、ホルモンバランスの乱れから情緒不安定になり、ちょっとしたことで落ち込んだり、イライラしたり、不安になったり、集中力がなくなったりしてしまうことがあります。

さらには、つわりで気分は悪いし、頭痛がするし、貧血のせいか体が重く、なんだか涙もろくなってしまったり…。

一方で、夫は何も変わらない様子で、いつもの通りのほほんと過ごしていて、妻の変化に全く気がついてくれていない。

そんな夫に対して、妻はイライラしてしまい、心の距離がどんどん開いていくような感覚に陥ってしまいます。

適当な相槌を打ち、目も合わせたくなくなり、会話が減り、触れ合いも減り、仕事から帰ってきたばかりの夫につい辛くあたってしまう。

こうなると夫は、「俺のことが嫌いになったの?」「妊婦ってめんどくさいな」「誰かに優しくしてもらいたいな」なんて思って、遊びに乗ってくれる女性に癒やしを求めに行ってしまいます。

本来なら、妊娠中の女性の心身に表れる変化を知り、受け止めてくれるくらいの器をもっているべきですが、どうしても他人を思いやれず、自分の欲を優先させてしまう男性がいるのです。

2.妻にセックスを拒まれた

妊娠中のセックスは、基本的に妊娠経過が順調で、お腹の痛みや出血、切迫流産の兆候がなければ問題はないとされています。

ただ、妻としては、妊娠初期はつわりや頭痛などで体がきついし、赤ちゃんを守ろうとする本能でそれどころではありません。

その後、妊娠中期の安定期に入ると、気分の悪さも落ち着き、胎動を感じるようになることで不安が落ち着いてくることから、心身ともに余裕が出てきて性的関心が復活する人も出てきます。

しかし、妊娠後期になりお腹がどんどん大きくなってくると、腰痛や肩こり、頭痛、吐き気、出産への不安などから、また遠ざかってしまいます。

夫が浮気に走るのは、この妊娠初期と妊娠後期のセックスレスになる時期が多いようです…。

3.妻を性的対象として見られなくなるため

casal-1724694__180

妊娠をした女性の体型に、性的興奮を感じられない男性は多いものです。

そもそも性欲は、女性を妊娠させて自分の子孫を増やしたいという男性の本能がもたらすものなので、しょうがないことではあります。

また、妊娠・出産した女性は、子供の母親になることから、女性としての性的魅力を感じなくなる人も…。

立ち合い出産をしたり、授乳しているところを見たりしたことを機に、妻を女として見れなくなってしまったという男性の話を聞いたことがありませんか?

どれも女性からしてみれば、ショックな話なんですけれども、そういったことから妻は家族、性的発散は他の女性になってしまう男性もいます。

4.父親になるストレスから逃れたくなった

女性は、妊娠が判明した時から、お腹の中にいる赤ちゃんを想い、母親になっていくことを日々実感していきます。

一方、男性は心身に変化があるわけではないため、父親になる実感がなかなか持てません。

そんな中、妻に「父親になる自覚が足りない」と説教され、「あれはどうするの?これはどうするの?」と出産後の生活のことについて急かされ、夫は実感がないままにプレッシャーが重くのしかかってしまいます。

そうなると、「俺は父親になれるのか?」「まだ子供を持つには時期が早かったのではないか?」「まだ遊び足りてないからかもしれない…」なんて、ストレスから逃れようと、優しくなぐさめてくれる女性のところへ現実逃避しに行ってしまいます。

最後はだいぶ考えがズレすぎですが…、自分に都合の良い言い訳をみつけて、羽ばたいていってしまうんです。

スポンサーリンク

妻の妊娠中の浮気予防策は?

1.旦那とコミュニケーションをとる

妊娠中、女性は情緒不安定になることが多いと思います。

夫に対してイライラしてしまうことも増えていませんか?会話が減っていませんか?

そうであれば、旦那さんとしっかりコミュニケーションを取ってください。

自分は今どういう状態で、何を感じていて、どういった不安を持っているのか…など。男性は言葉で伝えなければ、気がつきません。

一つ一つ伝えていくことで、お互いの理解が深まり、良い夫婦関係が構築されていきます。

そうすれば、夫が外に癒し(浮気)を求めにいくことを防ぐことができます。

2.赤ちゃんの成長を一緒に感じる

妊娠してお腹の中で赤ちゃんを育てているママと違って、夫は妊娠を経験することができず、体や心の変化もないし、パパになるという実感がわきにくいものです。

赤ちゃんが産まれて初めて父性は芽生え始めるいわれており、妊娠中から母性を感じ始めるママと比べると、とても遅いスタートとなります。

そのため、妊娠中からできるだけ、お腹の中に赤ちゃんがいることを実感させ、育児について一緒に考えたり、どんどん巻き込んでいってあげることが大切です。

たとえば、次のようなものがあります。

・一緒に病院に行く

・エコー写真を見せたり、心音を聞かせる

・パパママ教室に参加する

・名前を一緒に考える

・出産に立ち合ってもらう

「男」から「パパ」に変身させることで、自覚と責任感を芽生えさせ、浮気を遠ざけましょう。

3.セックスについて話し合う

妊娠中といえども、夫にとって、妻からセックスを拒まれることは相当プライドを傷つけられるものです。

そのため、断る際には、旦那さんが納得できる説明と代替案でフォローするようにしましょう。

「今度、病院でお医者さんに聞いてみて、OKと言われたらしない?」「今日はちょっと疲れてるから、今度の週末にしたいな」なんて。

「その気にならないから」「今日はちょっと…」というボンヤリとした理由で拒むのはお先真っ暗な気持ちにさせてしまうのでやめておきましょう。

そして断った日は、スキンシップをとっておきましょう。

肩をもんだり、手をつないだりだけでもいいんです。セックスレスにならないような環境をつくっておくことも大切です。

ちなみに、荒療治ですがこんな対処法をとった妻も…。

「体調が悪いし、イライラしてその気になれないから、悪いんだけど、お店にでも行って自分で解消してきて!」(; ・`д・´))ノ!

妊娠が分かってから夫に触れられるのが苦痛になってしまったので、夫に5万円握らせてビシッと言ったそうです。

ちなみにその夫は、性欲はあったけれども、そこまでハッキリ承認されると、なんだか行く気がなくなり結局1回も行かずにやり過ごしたらしいです…。

4.ストレスを発散する

妊娠中の女性は、ホルモンバランスの乱れによって情緒不安定になりやすいものです。

思うように体を動かせないことに歯がゆさを感じたり、変化していく体に不安を感じたり、ストレスをため込みやすくなってしまっています。

また、これまで気にもしていなかった夫の言動が気に障るようになってしまい、グチグチ文句を言ってしまったり…なんてありませんか?

そういう時には、ストレスを発散させましょう。

外を散歩したり、友達とおしゃべりしたり、思いっきり泣ける映画を観たり…自分に合った方法で。

さいごに

夫に対して妊娠中イライラしたり嫌悪感で触れて欲しくないと感じてしまうことがありますが、それでも夫に浮気されるとイヤですよね。

妊娠中で心身ともに大変な中で、旦那さんにまで気を使わなければいけないのは大変ですが、浮気をされためにもコミュニケーションをとることは大切にしておきましょう。

赤ちゃんの成長を一緒に感じたり、セックスについて話し合ったり。

この時期を上手に乗り切ることは、「産後クライシス」にならないための対策にもなりますよ。産まれてくる赤ちゃんのためにも頑張りましょう。

※「浮気・不倫」に関する記事はこちらにまとめています。

⇒ 旦那の浮気不倫についての記事一覧まとめ①チェック方法と発覚編

⇒ 旦那の浮気不倫についての記事一覧まとめ②発覚後の対処編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする