ストーカーが重犯罪を犯す理由は、人格障害「サイコパス」か?

ストーカーは、ある日突然なるのか?元々の気質からなるものなのか?

交際相手や結婚相手がストーカーだった…というのはできる限り、いや、絶対に避けたいものですよね。

そのためにも、どういう人がストーカーになりやすいのか、知っておくのが得策です。

もし、すでに交際してしまっていたり、結婚してしまっている場合は、今後の対策を考えるための材料の一つとして読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

ストーカーになりやすい人の特徴

4007888579_c1735c48cb_m

元旦那がストーカー行為をしてくる時の対処方法は?

元旦那や別居中の旦那でも「ストーカー規制法」は適用されるの?

精神科医の福島章先生によると、ストーカー行為を行う者の心理として5パターンがあげられています。

精神病系・パラノイド系・ボーダーライン系・ナルシスト系・サイコパス系

ストーカー行為は犯罪ですが、実は、精神疾患や人格障害がもたらす症状でもあるとのことで、警察で取り締まるよりも精神科での治療が先…なんていう意見もあるようです。

1. 精神病系

統合失調症などが原因で、両思いという強い妄想を持ち、ストーカー行為に至ります。

統合失調症とは、妄想・幻覚を伴い、感情・思考の調和やまとまりを維持できなくなる症状の精神疾患で、社会的・職業的機能の著しい低下が伴います。

現実には自分とは近い距離にいない、アイドルや芸能人につきまとうようなタイプが多い。

ただし、統合失調などの精神病を持っていればストーカー行為をする、というわけではありません。警察庁の統計によると、ストーカーに占める精神障害者の割合は、約0.5%と極わずかです。

2. パラノイド系

妄想によりストーカー行為を行うが、妄想の部分以外は正常なことが多く、一見して普通の人に見えます。

「相手も自分を好きだ」「自分と相手が結ばれなければならない」という根拠のない妄想を抱き、固執してしまい、相手に危害を加えるつもりもなく、自覚がない状態でストーカーとなってしまいます。

3. ボーダーライン系(境界性人格障害)

性格は外交的・社交的であるが、自己中心的で、相手の立場になってものを考えることができずに相手を傷つけるような行動をしてしまうタイプ。

精神病ではないが、人格の未成熟が原因で、人間関係は濃いものの相手を支配しようとしてしまう特徴がある。

4. ナルシスト系(自己愛性人格障害)

世間一般で言われるところの「ナルシスト」です。

自己愛が異常に強く、自分は素晴らしく常に正しいと信じており、自分のプライドを傷つける者に対しては執拗なまでの攻撃を行い、手段を選ばない。

そのため、相手にフラれた際も「本当は自分のことを愛しているのだ。相手は能力が低くてまだ自分の良さを分からないだけだ」などと、自分がフラれた=プライドを傷つけられることは現実として受け入れきれず、その事実を覆すために徹底的に相手につきまといます。

5. サイコパス系(反社会性人格障害)

「サイコパス」という言葉は、ドラマや映画でも取り扱われているため聞いたことがある方も多いと思いますが、簡単に言うと、猟奇殺人を行う「凶悪・冷血な犯罪者」「典型的な犯罪者」タイプです。

普通には理解できないような価値観を持っており、コミュニケーションはもはや不可能です。

また、その他のタイプと異なり、「相手も自分のことを好きだ」などという相手の感情は関係なく、自分の感情や欲望を一方的に押しつけてきます。

ちなみに、サイコパスが扱われている映画やドラマの代表⇒「ハンニバル」のレクター博士、「SAW」の猟奇殺人者ジグゾウ、最近でいうと「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」などがあります。

育った環境も影響する

スポンサーリンク

モラハラになる原因と子供への影響は?

モラハラ夫になりやすいタイプもそうでしたが、ストーカーになるのは育った環境も影響すると言われています。

たとえば、下記のような場合、そのストレスや孤独から身を守る方法を考えたり、いかにして他人の気を引くかを考えるようになり、他人の気持ちや手段は関係なくなります。

その性質がストーカーや犯罪者へと発展していきます。幼いころというのは、人格形成に非常に大切な時期であり、親の責任が重大です。

⇒こんな家庭環境は注意

・親からDVやネグレクトを受けた

・親の過干渉で一方的な価値観を押しつけられた

・親の過保護により、挫折した経験がない

・いじめられた経験がある

・男尊女卑の家庭だった

被害者にならないためには

ストーカーに好まれる行動をしない!⇒こんな性格や行動は注意!

・都合が悪くなると、電話に出ないことがよくある

・やさしい性格だと思うことが良くある

・熱心に口説かれるとついて行くタイプだ

・食事は残さずに食べる方だ

・気の乗らない時でも我慢する

・優柔不断な性格だと思う

・話をして楽しければ受け入れてしまう

・人をあまり疑わない

・人に頼まれたら断れない

・八方美人的なところがある

・異性と短い時間のうちに深い仲になったことがある

・両親の老後は面倒を看ようと思っている

・面倒なことは避けて通る方がいい

☑さて、何個該当しましたか?私は全部該当しました…。そして、ストーカー被害にあいました。

ちなみに、外見的な要素としては、おとなしそうだったり、母性を感じさせる人が狙われやすいそうです。

もし、狙われやすい特徴を持っているのなら、それをなくすことで被害を未然に防ぐこともできます。自分の身を守るために、ストーカーを呼び寄せてしまうような要素は取り除いておきましょう。

↓このチェックリストに関する詳細は下記を参照ください。

※参考サイト

ストーカーバスターズ ストーカー被害に遭いやすい人チェック

まとめ

rose-640443_960_720

元旦那がストーカー行為をしてくる時の対処方法は?

元旦那や別居中の旦那でも「ストーカー規制法」は適用されるの?

1.ストーカー行為に走りやすいのは、精神疾患や人格障害を持っている人。

2.親の過干渉や過保護、DV、ネグレクト、いじめられた過去など、子供のころの環境も影響する。

3.被害にあいやすい人は、優しくて、嫌なことを嫌だとはっきり言わない人、人を信用しやすい人など。

ストーカーは、最初は良い人を演じているため、好印象を抱き、恋愛関係に発展してしまうかもしれません。

それが、日が経ち親しくなると、暴力的、威圧的、束縛するなどの危険な姿を見せはじめます。あなたの自由を奪い、束縛する素振りが見えたら、その場でしっかり拒否することが大切です。

やんわりした拒否や、何も言わずに流していると、相手のストーカー行為を激化させてしまうため、最初が肝心です!

↑私はこれで失敗したので、注意してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする