「 離婚後の色々 」一覧

元旦那が養育費未払いで失踪…元夫の連絡先や住所を調べる方法は?

元旦那が養育費未払いで失踪…元夫の連絡先や住所を調べる方法は?

養育費の未払い分を請求しようとしたら、元旦那と連絡が取れない状況に…。 離婚後知らない間に引っ越しされて住所不明、電話番号も変えられてしまった場合の対処方法を紹介します。 養育費から逃げるために失踪するなんて、子供の父親としてあり得ません。 居所をつかんできっちり養育費を請求しましょう!

離婚後に養育費未払いで元旦那失踪…音信不通で逃げ出した原因は?

離婚後に養育費未払いで元旦那失踪…音信不通で逃げ出した原因は?

離婚後、養育費の支払いが止まったと思ったら、元旦那が失踪 養育費未払いが困るのは勿論のことですが、これまで順調に払ってくれていた元夫の場合、急に逃げ出すことになった理由が気になりますよね。 父親としての責任を放棄して急に失踪してしまう元旦那の心理や原因にはどんなものがあるのでしょうか?

離婚後養育費払ってくれないモラハラ夫への未払い分請求方法は?

離婚後養育費払ってくれないモラハラ夫への未払い分請求方法は?

モラハラ夫とやっと離婚できたのに養育費を払ってくれない嫌がらせ…。 離婚後にまで顔を見たくないし、会うのが怖いなどの理由で、養育費請求を諦めている人も多いかもしれません。 モラハラやDVなどで元旦那に会いたくない方におすすめの養育費未払い分回収方法を紹介します。

元旦那が再婚理由に養育費減額請求してきた場合の対策方法は?

元旦那が再婚理由に養育費減額請求してきた場合の対策方法は?

元旦那から再婚を理由に養育費減額請求された場合の対処法を紹介します。 養育費減額は生活への影響が大きいし、今後払ってもらえなくなる不安もありますよね。 父親としての責任をしっかり果たしてもらうためにも、養育費減額請求にはきちんとした対策が必要です。

離婚後の面会交流の条件 子供の学校行事参加は面会交流になる?

離婚後の面会交流の条件 子供の学校行事参加は面会交流になる?

面会交流を月に一回と決めたものの、入学式や卒業式、運動会などの学校行事に参加する場合は面会交流実施としてカウントされるのでしょうか? あまり会わせたくないと思っている私としては、「すでに面会交流をしたのであれば学校行事参加は見送り」「学校行事に参加したいのならば、通常の面会交流はなし」にできればよいのになぁ…なんて思ってしまいます(;´∀`) 面会交流の条件ルール作りやトラブルのない面会交流実施に向けて、私の邪念がヒントになればなと思います。

離婚後、入学式卒業式など子供の学校行事への元夫父親参加はどうする?

離婚後、入学式卒業式など子供の学校行事への元夫父親参加はどうする?

子供の学校行事といえば、入学式や卒業式(入園式、卒園式)、運動会、授業参観などと色々ありますよね。 そんな学校行事への参加を元夫から希望されたらどう思いますか? 絶対に許せない。来て欲しくないけど子供のためを思うと…。 など、複雑な思いになるかもしれませんね。私もそうです。 実際に、離婚した後の父母がどのように対応しているのか、紹介したいと思います。

母子家庭はズルい?児童扶養手当が非難を受ける原因に?

母子家庭はズルい?児童扶養手当が非難を受ける原因に?

母子家庭は手当がもらえてズルい。 母子家庭は優遇されすぎ。手当や養育費で遊んで暮らしてる。 なんて、ネット上には母子家庭に向けた非難の書き込みが多数あります。 離婚してシングルマザーになった上に周囲から嫌われるなんて辛いですよね…。 ですが、本当に書き込みの通りでしょうか? 実際に母子家庭になってみて分かったことや感じたことを書き出してみました。

離婚後に元旦那に養育費を請求するデメリットとメリットは?

離婚後に元旦那に養育費を請求するデメリットとメリットは?

「養育費の取り決めは離婚前にした方がいい」 とはよく聞きますが、実際は、取り決めができないままに離婚に至った人の方が多いかもしれませんね。 ここを見ている方の中には、今まさに、とりあえず離婚を先にするか、養育費が決まるまで待つべきか悩んでいる人もいるかもしれません。 確かに、離婚後に養育費を決めることにはデメリットが多いです。 けど、場合によってはメリットの方が大きく感じるかもしれません…(´艸`*)

養育費は離婚後でも請求できる?金額の相場や調停の方法は?

養育費は離婚後でも請求できる?金額の相場や調停の方法は?

とにかく離婚することが第一優先で、養育費について取り決めをしなかった…。 養育費はもらわなくていいと思っていたけれど、やはり子供の進学費用のためにもらいたい…。 なんていう場合、養育費は離婚後でも請求できるのでしょうか? 離婚後の養育費請求の可否と方法について見ていきましょう。