心や体の乾燥には甘酒で保湿を!栄養や効能が豊富なおいしい健康法

甘酒って飲んだことありますか?

私は子供の頃苦手だった覚えがあるんですけど、久しぶりに飲んでみたら…めちゃめちゃおいしかったんです!

甘酒は栄養価がとても高くて「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われていて、保湿効果や美白、体質改善効果などもあるそうです。

これから「乾燥」が気になる季節、ぜひあなたも始めてみませんか?

夫婦関係のいざこざで、「心も枯れ気味」となれば、なおのことおすすめします^^;

スポンサーリンク

甘酒とは

20091217_876973

1.原料はなに?

甘酒には、米麹(こめこうじ)から作られるものと、酒粕(さけかす)から作られるものがあります。

●米麹から作られる甘酒

原料は、米麹、お米、水、のみです。

米麹は、蒸したお米に麹菌を振りかけて、菌を繁殖させて作られます。

砂糖を一切使っておらず、お米そのものの優しい甘さを味わうことができます。

●酒粕から作られる甘酒

原料は、酒粕、水、砂糖です。

酒粕は、日本酒の製造工程で、発酵したもろみを搾った時に出る、搾りかすです。絞られた液体の方が日本酒になります。

米麹の甘酒と違って、砂糖で甘味がつけられており、酒粕を使っていることからアルコールのにおいがします。

2.アルコールを含んでる?

「米麹」から作られる甘酒は、アルコールを含んでいません。

一方、酒粕」から作られる甘酒は、微量のアルコールを含んでいます。

酒粕自体のアルコール含有量は約8%で、甘酒にすると1%程度になると言われています。

そのため、作り方や量、体質によっては、酔っぱらってしまう方もいますので、飲む際は気をつけるようにしましょう。

特に子供に飲ませる場合や、車の運転をする際は要注意です。

成分は?どんな栄養がある?

スポンサーリンク

ここからは、「米麹を原料にした甘酒」に焦点を当ててご紹介します!

1.栄養成分

・ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6

・葉酸

・食物繊維

・オリゴ糖

・アミノ酸

・ブドウ糖

普段の生活の中でなかなか摂取しにくいビタミンB群を多く含んでいます。しかも、体内への吸収率は90%と言われているので、サプリメントを購入して飲むよりも断然効率的です。

アミノ酸も豊富に含んでいるのですが、中でも「必須アミノ酸」と言われる、人間の体内では合成されない9種類のアミノ酸をすべて含んでいるそうです。

ブドウ糖は、脳や体のエネルギーとなるもので、疲労回復や集中力アップに即刻効きます。

2.カロリーは高い?

栄養価が高いということは、カロリーも高そうな気がしますよね…。

甘酒のカロリーは、100gで81kcalです。

これは果たして、高いのか?低いのか?

たとえば、ご飯は100gで167kcal、牛乳は100gで67kcalです。

さすがに牛乳よりはカロリーが高くなりますが、栄養価が豊富な割に、ご飯の約半分のカロリーとなっています。

なにより、ぽってりとした甘さがあり、お腹にもたまりやすいため、心もお腹も満足できます。

ちなみに、1日に飲む量は200ml、コップ1杯を目安にすると良いそうです。

ただ、砂糖が入っている甘酒は、上記よりカロリーが高くなりますので注意してくださいね。

効能や効果は?

woman-1807860__340

つわり症状で旦那にイライラする時にも甘酒がおススメな理由は?

1.アンチエイジング効果

・保湿力アップこれからの乾燥対策に!

・肌のハリを保つ

・シミやそばかす抑制

・美白効果

・筋肉の修復効果

2.体質改善

・新陳代謝アップ

・免疫力アップ

・記憶力アップ

・便秘解消

・疲労回復

・肝機能強化

・アレルギー症状の緩和

3.頭皮や毛髪改善

・頭皮の血流アップ

・抜け毛や薄毛の抑制

・育毛効果

・髪の毛の保湿効果

・髪の毛のツヤアップ

4.リラックス効果

・寝つきが良くなる

・ストレス軽減★心もしっとり落ち着きます

・うつ症状の改善

・月経前症候群(PMS)の改善

まとめ

heart-1124801_960_720

旦那にイライラするしムカつく時のおすすめの対処法は?

夫の浮気が発覚。許す?許さない?メリットとデメリットで決める

今回は、私がハマっている「甘酒」についてのお話でした。

夏くらいからちょこちょこ飲み続けているわりに、カロリーや効能などは知らなかったので、調べてご紹介してみました。

「飲む点滴」や「飲む美容液」というキャッチフレーズがあることくらいしか知らなくって…。

そして、自分でも作れるということを知り、「ヨーグルティア」を購入しました!

ヨーグルトや甘酒、味噌、塩麹などの発酵食品が作れるキッチン用品です^^

早速作ってみて、日々飲んでいるところなんですけど、何回か作ってみた後にまたご紹介できればなと思っています。

シンママになるにあたっては、自分の健康も大事にしておかなければいけないからですね!

あと、苦労が顔に出ないように美容面も大切にしたいので…そんな私が頼るべきは、やはり「甘酒」!!(切実…)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする